【Adobe Premiere Proの使い方】エッセンシャルグラフィックスでテロップを作る基本的な方法

動画編集

  • HOME
  • ブログ
  • 動画編集
  • 【Adobe Premiere Proの使い方】エッセンシャルグラフィックスでテロップを作る基本的な方法

こんにちは、宇野です。

この動画では、Adobe Premiere Proのエッセンシャルグラフィックスを使ってテロップを作る基本的な方法を解説します。

プレミアプロでテロップを作るには、エッセンシャルグラフィックスで作る方法とレガシータイトルで作る方法があります。

今回は、エッセンシャルグラフィックスでテロップを作っていきます。

Adobe Premiere Proの使い方
エッセンシャルグラフィックスでテロップを作る基本的な方法
YouTube

1:エッセンシャルグラフィックスを表示

まず、プレミアプロのワークスペースにエッセンシャルグラフィックスのパネルが表示されていない方は、メニューバーの「ウィンドウ」の中に「エッセンシャルグラフィックス」をクリックして表示させましょう。

2:テキストを入力

ツールパネルの「T」のアイコンがテキストツールです。「T」のアイコンをクリックすると、横書き文字ツールになります。

また「T」のアイコンを長押しすると、縦書き文字ツールを選択することもできます。

ここでは横書き文字ツールを選択します。

プログラムモニターをクリックするとテキストを入力することができます。

ここでは、仮で「Adobe Premiere Pro」と入力してみます。テキストを入力したら選択ツールに戻します。

3:テキストを調整

テキストを調整していきます。

まずは、フォントを選択します。

プレミアプロにはデフォルトの状態で様々なフォントが入っていて使うことができます。

また、Adobe fontというAdobeを契約していれば無料で使うことができるフォントもたくさんあるので、追加して使うことができます。

また、購入したフォントやフリーサイトでダウンロードしたフォントも追加することができます。

フォントの追加方法は、【Adobe Premiere Proの使い方】プレミアプロにフォントを追加する2つの方法で解説していますので、ご覧ください。

フォントを選択したら、次にサイズを調整します。

ここをドラッグするとサイズを変更することができます。また、数値をクリックして入力することもできます。

ここでテキストを左、中央、右揃えや上、中、下揃えなどを変更できます。

VAと表示されている部分でテキストの間隔を調整できます。

行間などを調整できます。

テキストのタイプを変更できます。太くしたり斜めにしたりできます。

テキストを画面の中央に配置したいときは「整列と変形」のここの垂直方向中央と水平方向中央のアイコンをクリックします。すると、画面中央に自動で配置してくれます。

また、数値でテキストの位置を調整することができます。

アピアランスの「塗り」がテキストカラーです。

カラーボックスをクリックするとカラーピッカーが表示され選択することができます。

境界線は縁取りのことです。テキストに縁取りを入れたいときは、クリックしてチェックを入れます。

カラーボックスをクリックするとカラーピッカーが表示され縁取りする色を選択きます。横の数値を変更すれば、縁取りの太さを変更できます。また、境界線にチェックを入れ、塗りのチェックを外すと、このようにテキストのカラーを無くして縁取りだけにすることができます。更に、ここの+をクリックすると縁取りを追加することができます。

背景にチェックを入れるとテキストの後ろにカラーが入ります。映像とテキストが同系色で読みづらい時に背景を入れると読みやすくなります。

この背景の色の濃さやサイズを決めることもできます。

シャドウにチェックを入れるとテキストに影をつけることができます。影の色や濃さ、角度、大きさなど細かく設定することができます。

4:注意点

別のテキストを入力するとき、このテキストクリップを選択している状態で新たにテキストを入力すると、同じクリップ内にテキストが入ってしまいます。

この状態にすると、ここのツールを使って整列をさせることができたりするので便利な反面、タイミングをズラして表示させようとすると、わざわざキーフレームを打たなくてはいけないので面倒なこともあります。

同時のタイミングでテキストを表示させたり消したりする場合は、同じクリップにテキストを何個も入れても問題ないのですが、少しずらして表示させたり消したりする場合は、別のクリップでテキストを作ることをおすすめします。

クリップがない場所を一度クリックして選択を解除してからテキストツールに変更してテキストを入力すると、別のクリップにテキストを作ることができます。

5:コピー

字幕を入れるときなどは、最初にベースとなるテキストを作ります。

フォントやサイズ、カラー、位置などを決めたら、テキストクリップをoptionキーを押しながらドラッグします。

すると複製されます。

プロジェクトパネルのテキスト部分をダブルクリックして、テキストを変更します。

そして、水平方向中央のアイコンをクリックすれば、効率良く字幕を作ることができます。

6:モーショングラフィックステンプレート

プレミアプロでは、モーショングラフィックステンプレートファイルというモノを使えば、このようなテロップも簡単に適用させることができます。

エッセンシャルグラフィックスで参照にすると、デフォルトでもタイトルがいくつか入っていると思います。それをシーケンスにドラッグ&ドロップするだけで、そのテロップが適用されます。

モーショングラフィックステンプレートファイルを無料でダウンロードしてプレミアプロにインストールする方法については、こちらの【Adobe Premiere Proの使い方】プレミアプロのモーショングラフィックステンプレートでテロップを入れる方法で解説しています。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、Adobe Premiere Proのエッセンシャルグラフィックスを使ってテロップを作る基本的な方法を解説しました。

基礎さえ身につければ、テロップをどんどん入れることができるようになりますので、参考にしていただけたらと思います。

今後も動画編集や動画撮影など動画制作に関する情報をシェアしていきますので、ぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

最後までありがとうございます。

それでは、またお会いしましょう!

実践的に動画編集を学べる
Premiere Proを使ってYouTube用の動画を編集する方法を限定公開!
詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧