【Adobe Premiere Proの使い方】ワイプ画面の作り方

動画編集





こんにちは、宇野です。

この動画では、Adobe Premiere Proを使ってワイプ画面を作る方法を解説します。

この動画を観ることで、テレビの情報番組とかバラエティー番組で、VTRが流れている時に、こんな感じの小さな小窓に出演者の顔が表示されるワイプが作れるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

Adobe Premiere Proの使い方
ワイプ画面の作り方
YouTube

丸型のワイプ画面を作る方法

今回は、右上あたりに小窓を作っていきます。

まずは、メインの映像になる動画クリップをシーケンスに配置します。

そして、ワイプに入れたい動画クリップをV3トラックに配置します。

タブをエフェクトコントロールにして、V3トラックに配置したワイプに入れたい動画を選択します。

そして、スケールの数値を下げ小さくします。

位置の数値を調整して、小窓を配置したい場所に合わせます。

次に不透明度の下にある楕円形のアイコンをクリックします。

すると、マスクが適用されるのでドラッグして顔に合わせます。

これで丸く切り抜かれましたので、縁をつけてみます。

ツールパネルのペンツールを長押しします。

すると、長方形ツールや楕円形ツールが選択できるメニューが表示されるので、楕円形ツールを選択します。

プログラムモニターでこのように円を作ります。

そして、選択ツールに切り替えて円をドラッグして小窓に合わせます。

大きさを調整します。

この時、小窓よりも少し大きめにしておきます。

シーケンスに配置されたグラフィックというクリップをV2に移動します。

タブをエッセンシャルグラフィックスにして「塗り」のカラーを変更すれば、丸型の小窓が完成です。



四角形のワイプを作る方法

四角いワイプにしたい時もやり方は同じです。

まずは、動画クリップをシーケンスに配置します。

そして、ワイプに入れたい動画クリップをV3トラックに配置します。

タブをエフェクトコントロールにして、V3トラックに配置したワイプに入れたい動画を選択します。

そして、スケールの数値を下げ小さくします。

位置の数値を調整して、小窓を配置したい場所に合わせます。

次に不透明度の下にある長方形のアイコンをクリックします。

すると、マスクが適用されるのでドラッグして顔に合わせます。

これで四角に切り抜かれましたので、縁をつけてみます。

ツールパネルのペンツールを長押しします。

すると、長方形ツールや楕円形ツールが選択できるメニューが表示されるので、長方形ツールを選択します。

プログラムモニターでこのように四角を作ります。

そして、選択ツールに切り替えて四角をドラッグして小窓に合わせます。

大きさを調整します。

この時、小窓よりも少し大きめにしておきます。

シーケンスに配置されたグラフィックというクリップをV2に移動します。

タブをエッセンシャルグラフィックスにして「塗り」のカラーを変更すれば、四角の小窓が完成です。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、Adobe Premiere Proを使ってワイプ画面を作る方法を解説しました。

ワイプの作り方は他にもたくさんありますが、これが最も簡単だと思いますので、ぜひ活用してみてください。

今後も動画編集、動画撮影など動画制作に関する情報をシェアしていきますので、チャンネル登録よろしくお願いします。

最後までありがとうございます。

それでは、またお会いしましょう。



実践的に動画編集を学べる
Premiere Proを使ってYouTube用の動画を編集する方法を限定公開!
詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧