【DaVinci Resolve17の使い方】LUTを使ったカラーグレーディングの基本的なやり方

動画編集

どうも、宇野です。

この動画では、DaVinci Resolve17の無償版を使ってLUTを使ったカラーグレーディングの基本的なやり方について解説します。

前回の動画では、DaVinci Resolve17の無償版を使ってカラーコレクションの基本的なやり方について解説しました。

今回は、その続きのカラーグレーディングになります。

まだ見ていないという方やカラーコレクションとカラーグレーディングの違いや注意点を理解できていない方は、この動画を見る前にこちらの【DaVinci Resolve17の使い方】カラーコレクションの基本的なやり方をご覧ください。

今回の動画を見ることによって、カラー編集のLUTを使ったカラーグレーディングの基本的なやり方がわかるようになりますので、是非最後まで動画を見て、チャレンジしてみてください。

このYouTubeチャンネルでは、動画撮影や動画編集など動画制作について解説しています。

動画を観て、参考になったと思っていただけたらチャンネル登録していただけると嬉しく思います。

それでは、解説していきます。

【DaVinci Resolve17の使い方】
LUTを使ったカラーグレーディングの基本的なやり方
(YouTube)

Chapter1
LUTとは

今回はLUTを使ったカラーグレーディングをしていきます。

LUTとはLook Up Tableを略したモノです。

シンプルに言うと、異なった映像機器からのカラーを合わせたり、カラーを作り出すモノです。

このLUTを映像に当てるだけでシネマティックなカラーを演出したり、独自の世界観を演出する鮮やかなカラーにすることができるので、動画編集初心者にオススメのカラーグレーディング方法です。

Chapter2
LUTを使ったカラーグレーディング

それでは、DaVinci Resolve17の無償版を使ってLUTを使ったカラーグレーディングをやっていきます。

DaVinci Resolveを立ち上げたら、下にある右から3つ目のカラーのアイコンをクリックします。

すると、カラーページが表示されます。

既にカラーコレクションまでを行なっているので、カラーコレクションのノードが表示されています。

カラーグレーディングを行う前に必ずカラーコレクションをやっておかなければ、LUTを当ててもカラーが正しく入りませんので注意してください。

DaVinci Resolveには、デフォルトで複数のLUTが用意されているのですが、今回は、デフォルトのLUTは使わず、無料でLUTをダウンロードしてDaVinci Resolveにインストールする方法からstep-by-stepでゆっくり解説していきます。

Step1:LUTをダウンロード

LUTは映像制作に関わる多くのクリエイターが無料で配布していたり、販売していたりします。

今回は、無料でダウンロードし使うことができるflesh LUTsというサイトからLUTをダウンロードしていきます。

この「flesh LUTs」は、アカウントさえ作れば無料でLUTをダウンロードできるサイトです。

勿論、アカウントも無料で作れますので、早速作っていきましょう。

右上の赤い枠「Sign Up」をクリックします。

必要事項を入力して「Sign Up」をクリックします。

これでアカウントができますので、左上のロゴをクリックしてトップページに戻ります。

後は自分の好きなLUTを選んでダウンロードしていきます。

ここでは、仮で「WOODEN GOLD」というLUTを選んでみます。

クリックしたページの画像の線をドラッグすると適用前と適用後のカラーを比較することができます。

右側の赤いボタン「Download LUT」をクリックするとダウンロードできます。

Step2:LUTをインストール

次にダウンロードしたLUTをDaVinci Resolveにインストールしていきます。

DaVinci Resolveの右下にあるプロジェクト設定、歯車のアイコンをクイックします。

プロジェクト設定のウィンドウが表示されますので、カラーマネジメントを選択します。

そして「LUTフォルダーを開く」をクリックします。

すると、DaVinci Resolveにデフォルトで入っているLUTですので、ここにLUTを追加することで使えるようになります。

右クリックしてフォルダを作ります。

仮で「flesh」としておきます。

このフォルダに先ほどダウンロードした「WOODEN GOLD」というLUTをドラッグ&ドロップで追加します。

追加できたら×を押して閉じてしまってOKです。

そして「リストを更新」をクリックします。

これでDaVinci Resolveにインストールされているはずです。

一度、確認してみましょう。

カラーページの左上に「LUT」というメニューがありますので、クリックします。

すると、DaVinci Resolveに入っているLUT一覧が表示されますので、ここに先ほど作った「flesh」というフォルダーがあり、その中に「WOODEN GOLD」というLUTがあればOKです。

Step3:LUTを適用

これで準備ができましたので、クリップにLUTを当てていきます。

まずは、新たにノードを追加します。

カラーコレクションのノードの上で右クリックして「ノードを追加」にカーソルを合わせます。

「シリアルノードを追加」をクリックします。

すると、新しくノードができます。

今作ったノードの上で右クリックし「LUT」にカーソルを合わせます。

すると、LUTのフォルダーが表示されますので「flesh」にカーソルを合わせインストールしたLUT、ここでは「WOODEN GOLD」を選択します。

これだけでLUTを映像に当てることができます。

また、こちらのLUTからノードにドラッグ&ドロップしてもLUTを当てることができます。

Step4:LUTを微調整

LUTによっては、色が強く出過ぎてしまうモノもありますので、ここから微調整してより良いカラーにしていきます。

ツールの「キー」をクリックします。

キー出力の「ゲイン」を下げるとLUTのカラーが薄くなっていきますので、自然なカラーになるように落としていきます。

これで、自然になります。

これで完成です。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、DaVinci Resolve17の無償版を使ってLUTを使ったカラーグレーディングの基本的なやり方について解説しました。

LUTを当てるだけでシネマティックなカラーを演出したり、独自の世界観を演出する鮮やかなカラーにすることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、LUTを使わないカラーグレーディングの方法や自分で作ったカラーをLUTとして保存して簡単に適用する方法は今後別の動画で解説していきます。

このYouTubeチャンネルでは、動画撮影や動画編集など動画制作について解説しています。

動画を観て、参考になったと思っていただけたら高評価やチャンネル登録していただけると嬉しく思います。

最後まで動画をご覧いただきありがとうございます。

それでは、また次回お会いしましょう。

実践的に動画編集を学べる
Premiere Proを使ってYouTube用の動画を編集する方法を限定公開!
詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧