【Adobe Premiere Proの使い方】テンプレートを使いYouTubeの終了画面を適用させる方法

動画編集





こんにちは、宇野です。

YouTubeを見ていると終了画面を表示させている方が多くいます。

この動画では、動画編集初心者でも簡単にアドビプレミアプロのテンプレートを使ってYouTubeの終了画面を適用する方法を解説します。

デザイン性の高いYouTubeの終了画面をゼロから作ろうとすると、それなりの時間がかかってしまいますがテンプレートを使えば、本当に一瞬でできてしまいますので、ぜひ最後までご覧ください。

Adobe Premiere Proの使い方
プレミアプロのテンプレートを使ってYouTubeの終了画面を適用する方法
YouTube

1:テンプレートをダウンロード

今回は無料で使うことができるテンプレートを使ってYouTubeの終了画面を作っていきます。

MIXKIT」というサイトは色々なテンプレートを無料でダウンロードして使うことができるサイトです。

まずは、トップページから「template」にカーソルを合わせ「Premiere Pro」をクリックします。

そして、「YouTube」をクリックします。

今回は「Shaped Animated End Screen」というテンプレートをクリックします。

そして、ここのダウンロードをクリックします。

するとZIPファイルがダウンロードされますので、解凍します。

2:Premiere Proにインストール

次にプレミアプロにインストールします。

プレミアプロを立ち上げ、「モーショングラフィックステンプレートファイル」をエッセンシャルグラフィックスにドラッグ&ドロップします。これでプレミアプロにインストールできました。

3:テキストを編集

次に、動画の最後にこのテンプレートをドラッグ&ドロップで配置して、テキストを編集します。

これで書き出しを行います。

YouTubeにアップロードの時の終了画面の項目でチャンネル登録のアイコンや関連動画の枠に合わせて完了です。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、動画編集初心者でも簡単にアドビプレミアプロのテンプレートを使ってYouTubeの終了画面を適用する方法を解説しました。

今後も動画撮影や動画編集など動画制作に関連する情報をお届けしていきますので、参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

最後までありがとうございます。

それでは、またお会いしましょう。

実践的に動画編集を学べる
Premiere Proを使ってYouTube用の動画を編集する方法を限定公開!

お見逃しなく

YouTube動画の編集を徹底解剖

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

YouTube動画編集

実践的に動画編集を学べる
Premiere Proを使ってYouTube用の動画を編集する方法を限定公開!
詳しくはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧